/

キッセイ薬品・フェリング社、頻尿治療薬を共同販促

キッセイ薬品工業はフェリング・ファーマ(東京・港)と頻尿治療薬「ミニリンメルトOD錠」の共同販売促進活動に関する契約を締結した。両社は泌尿器分野に強みがあり、新薬の販促に生かす。

ミニリンメルトは男性の夜間の頻尿対策に効果がある。2012年にカナダでフェリングが製造販売承認を受けて以来、30カ国以上で販売している。日本では18日に製造販売承認を受けた。

フェリングが製造や販売、流通を担当し、キッセイ薬品はフェリングと共同で医師への説明などの販促活動を展開する。

キッセイ薬品は排尿障害改善薬「ユリーフ」や過活動ぼうこう治療薬の「ベオーバ」など泌尿器分野で主力医薬品を持っている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン