2019年7月19日(金)

秋田・角館に古民家ホテル JR東秋田支社

サービス・食品
北海道・東北
2019/6/19 19:48
保存
共有
印刷
その他

JR東日本秋田支社は19日、秋田県仙北市角館町に古民家ホテルを2019年秋に開業すると発表した。市所有の古民家の2つの蔵を借り受け、1919年築の蔵の内部を大規模改修(リノベーション)する。インバウンド(訪日客)や富裕層を主な客層とする。仙北市や田沢湖・角館観光協会と組んで、角館を通過型から滞在型観光地に変えていく戦略だ。

蔵を活用した古民家ホテル(客室イメージ)=JR東日本秋田支社提供

蔵を活用した古民家ホテル(客室イメージ)=JR東日本秋田支社提供

田町武家屋敷通りにある「あきた角館 西宮家」の敷地内にある前蔵とガッコ蔵を改装する。2つの蔵とその敷地224平方メートルを借り受ける。

それぞれ1、2階があり、延べ床面積は95平方メートル、70平方メートル。浴室やトイレ、ベッドなどを備え付け、1つの蔵に最大5~10人が泊まれるようにする。1泊1人数万円の宿泊料金の設定を狙う。

西宮家には5つの蔵と母屋があり、第三セクターが土産品店やレストランとして運営している。JR東は角館にもう1軒の古民家ホテルを年内に開業する予定で、所有者と交渉中という。

JR東秋田支社、仙北市、田沢湖・角館観光協会は5月に観光まちづくりに関する連携協定を結んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。