/

この記事は会員限定です

和牛、最高級A5が最多に 背景に厳しい経営事情

[有料会員限定]

和牛の格付けで最高ランク、A5評価の割合が増えている。2018年度はこれまで最多だったA4を上回り、A5の割合が最大になった。品種改良で脂のサシの入り方が向上していることや肥育農家が高値で売れるA5を目指して育てることが背景だ。一般の消費者にとっては和牛は既に高級品になっておりA5の増加は、消費者離れを加速する懸念もある。

国内の肉牛は和牛と乳牛などを含む国産牛がほぼ半々だ。和牛の格付けは、1頭か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン