フィリピン、外資優遇特区に暗雲 担当長官に更迭観測

2019/6/19 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリピンで輸出企業の誘致を担う経済区庁(PEZA)のプラザ長官の交代説が浮上している。外資企業に対する税優遇の撤廃を目指す政府にとって、制度維持を求める同氏は目障りな存在だ。ドゥテルテ政権が人事で強権に出るか。外資は戦々恐々としている。

「私が職を失うとの噂を耳にした」。プラザ氏は5月下旬、地元紙にこう明かし、事実上更迭される可能性があるとの認識を示した。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]