/

地上イージス、整備推進本部が初会合 防衛相「一から出直し」

防衛省は19日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に関する「整備推進本部」の初会合を開いた。本部長に原田憲治防衛副大臣が就き、部局横断で体制を強化する。岩屋毅防衛相は「省全体がこれまでの進め方を反省し、一から出直す気持ちで検討を進める」と述べた。

イージス・アショアの配備を巡っては陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を「適地」とした調査に誤りがあり、地元が反発している。同本部で再調査の進め方などを議論する。防衛省は新屋演習場以外の国有地についても、現地での測量調査を実施する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン