2019年7月17日(水)

7/17 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「シックスパッド」のMTG、追い込まれたユニコーン[有料会員限定]
  2. 2位: リクルート株、1.6兆円分が売られる日[有料会員限定]
  3. 3位: ビットポイント社長「被害は5万人」 仮想通貨流出[有料会員限定]
  4. 4位: 多角化企業に改革迫る 市場、日立などの分離を評価[有料会員限定]
  5. 5位: 日本株、年末株高に期待 IT・半導体など注目[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,535.25 -150.65
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,500 -130

[PR]

M&Aニュース

フォローする

日立、オランダの車部品会社を買収 830億円

エレクトロニクス
自動車・機械
2019/6/19 18:00
保存
共有
印刷
その他

日立製作所は19日、オランダの自動車部品会社のシャシー・ブレーキ・インターナショナルを買収すると発表した。シャシー株を6億9000万ユーロ(約830億円)で取得することで、同社株を保有する米投資ファンドのKPSキャピタルパートナーズと基本合意した。電動化や自動運転など「CASE」と呼ばれる次世代技術を取り込み、車部品事業を立て直す。

子会社の日立オートモティブシステムズを通じて買収する。7月末までにシャシー社の労働組合や各国政府の認可を得て、19年中の買収完了を目指す。シャシー社は自動車に使う電動パーキングブレーキをてがけ、欧米や中国の大手自動車メーカーに納入している。米国や中国、インド、フランスなど世界で12カ所に工場があり、従業員は全世界で約5500人いる。

シャシー社の18年12月期の売上高は9億3700万ユーロ(約1100億円)、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は100億円程度。シャシー社の買収で開発が遅れていた電動パーキングブレーキの製品群を獲得し、販路を広げる。

日立オートモティブの19年3月期の売上高は9710億円、売上高営業利益率は3.9%だった。日立は21年度末までに連結ベースの営業利益率を10%以上に高める。日立オートモティブは収益力の低い製品や事業の再編を進める。一方で、CASEなど次世代技術には積極的に投資する方針を示しており、今回の買収はその1つとなる。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。