/

新聞協会会長に山口氏 「軽減税率は読者のため」

一般社団法人日本新聞協会は19日、東京都内で定時会員総会と理事会を開き、白石興二郎会長(読売新聞グループ本社会長)の後任に、理事の山口寿一氏(同社長)を選任した。任期は2年。

山口氏は記者会見で「消費税増税時に新聞への軽減税率適用を確実にすることが私の役割。軽減税率適用は読者のためであると理解してもらうため、新聞の信頼性を確保し続けることが大切だ」と述べた。

この日の総会と理事会では、副会長にいずれも理事の広瀬兼三北海道新聞社社長、渡辺雅隆朝日新聞社社長が新たに選ばれ、一力雅彦河北新報社社長を再任した。専務理事には西野文章氏が再任された。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン