2019年7月16日(火)

7/16 19:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: リクルート株、1.6兆円分が売られる日[有料会員限定]
  2. 2位: 「シックスパッド」のMTG、追い込まれたユニコーン[有料会員限定]
  3. 3位: ビットポイント社長「被害は5万人」 仮想通貨流出[有料会員限定]
  4. 4位: 移転価格税制、グループ取引の「適正」焦点[有料会員限定]
  5. 5位: 宝印刷、市場再編が促す変身[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,535.25 -150.65
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,500 -130

[PR]

経営トーク

フォローする

Sansanの寺田社長「名刺管理、100倍の開拓余地」

2019/6/19 17:41
保存
共有
印刷
その他

法人向けのクラウド型名刺管理サービスなどを手掛けるSansanが19日、東証マザーズ市場に上場した。初値は公募・売り出し価格(公開価格、4500円)を6%上回る4760円で、終値は5460円だった。同日に記者会見した寺田親弘社長は「名刺管理の潜在市場は大きく、国内の利用者は現在の100倍の開拓余地がある」と述べた。主なやりとりは以下の通り。

――初値が公開価格を上回りました。

記者会見するSansanの寺田親弘社長

記者会見するSansanの寺田親弘社長

「高い評価を頂いたと感じている。これまでと違い、一般の株主を迎えたこともあり、身が引き締まる思いだ」

――事業の強みと成長戦略を教えてください。

「名刺管理という、ビジネスマンの基本的なニーズを狙って創業し、ゼロから市場をつくり上げてきた自負がある。顧客企業は(従業員が)数人から数万人規模まで幅広く、牧場から銀行まで幅広い業種で使われている」

「潜在的な市場は大きい。法人向け名刺サービス『Sansan』の国内利用者は現在の100倍程度に伸びる余地があると考えている。アジア諸国でも名刺を活用する文化が強いことから、シンガポールでも同事業を展開している」

――重要視している経営指標は何ですか。

「直近数年間、50%を超える成長率で推移してきた売上高だ。解約率は直近で約0.7%と低い。1%以下を維持していきたい」

――調達する資金の使途を教えてください。

「基本的には人件費や広告宣伝費に充てたい。国内に限らず、M&A(合併・買収)も成長機会と判断すれば実施したい」

――株主還元の方針を教えてください。

「中長期的には配当を出すことも視野に入れている。しかし、いまは(業績を伸ばすことで)市場の評価を獲得して株価を上げていくことがより重要だと考えている」

(松木耕)

経営トークをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。