2019年7月22日(月)

20年夏、東京の空に浮かべる顔 誰がいい? 都が会議

東京
2019/6/19 16:50
保存
共有
印刷
その他

東京都は23日、2020年夏に東京の空に浮かべる巨大な顔アートのモデルを誰にすべきかを考える会議を都内で開く。3月からモデルを募集し、800人以上の顔写真が集まっている。五輪・パラリンピックに沸く東京にふさわしい顔を選ぶための基準などを公開討論する。

外国人観光客の応募も多いという(19日、東京都庁舎での撮影会)

布を立体的につなぎ合わせた6~7階建てビル程度の巨大な球体を、上空に飛ばす。モデルを四方から撮影した顔写真を球体に印刷し、実在の人物の頭部が空に浮かんでいるような不思議な現代アートを制作する。20年7~8月に都内3カ所で1回ずつ同じ顔を飛ばす計画だ。

23日は港区芝浦にあるSHIBAURA HOUSEで2回に分け「顔会議」を開く。各回の定員は50人程度で、ユーチューブなど動画サイトで中継映像を配信する。視聴者のコメントも議論に反映する。

会議で顔選びの基準を議論し、決定した基準に基づいてアーティストで発案者の荒神明香氏が7月以降に応募者から1人を選ぶ。モデルの募集はインターネットや都内各地で開く撮影会で、6月末まで続ける。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。