2019年7月17日(水)

実はiPhone潰し? あまりに厳しい端末割引の制約
ITジャーナリスト 石川 温

モバイルの達人
ネット・IT
コラム(テクノロジー)
モバイル・5G
2019/6/20 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新購入方式「スマホおかえしプログラム」について発表するNTTドコモの吉沢和弘社長

新購入方式「スマホおかえしプログラム」について発表するNTTドコモの吉沢和弘社長

6月18日に総務省による有識者会議が開催され「途中解約の違約金1000円」「通信契約とセットの端末値引き2万円」がほぼ決定となった。有識者からは1000円という金額について「不透明な決定プロセスには懸念がある」と指摘があったものの、最終的には「違約金が安価になると料金競争が促進される」として、満場一致で決定された。

【関連記事】携帯違約金1000円の衝撃 菅氏「ドラスチックにやれ」

市場に大きな影響を与えそうなのが「端末割引2万円」だ。スマートフォンは一昔前までは「実質ゼロ円」、最近でも「実質半額」として販売されてきた。今回の法改正により、通信契約を条件とする割引が一切禁止…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。