2019年7月23日(火)

競馬実況アナ日記

フォローする

競馬ラジオ中継60年 残された貴重な「音」の歴史

(1/2ページ)
2019/6/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

私たち日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)は、日本短波放送(後にラジオたんぱ)時代の1956(昭和31)年10月以来、60年以上にわたって競馬中継をお届けしてきました。放送を続ける中で、ここまで残してきた数々のレース実況は、時がたてばたつほど貴重な財産となっていきます。今回は、一体どれだけの音源が残っているのか、改めて整理しようと思い立ち、ラジオNIKKEIが紡いできた競馬の「音」の歴史を振り返ってみることにしました。

半世紀を超える数々のレース実況を記録した様々なメディアが収められているロッカー

半世紀を超える数々のレース実況を記録した様々なメディアが収められているロッカー

ラジオNIKKEIは中央競馬の10競馬場の全てで実況放送を行っています。東京本社は東京、中山、新潟、福島、函館、札幌の6カ所の模様をラジオNIKKEI第1で、大阪支社は京都、阪神、中京、小倉の4カ所の模様をラジオNIKKEI第2で、担当を分けて放送しています。筆者は現在、大阪支社に所属していて、社内で確認できるのは西日本4場の実況音源が中心となります。

放送開始以来のレース実況全てが残ってはいませんが、重賞レースを中心に膨大な量の音源が支社のロッカーに収められています。前記の通り56年に当時の第1放送で競馬中継を開始し、その9年後の65(昭和40)年4月、第2放送でも競馬中継が始まりました。つまり、基本的には同年以降の実況音源が残っていることになります。ここでは、第2放送が競馬中継を開始した日の冒頭アナウンスが約14分間保存されていますので、一部を文字で再現しましょう。4月3日の阪神競馬場。司会進行は当時の小坂巌アナウンサーです。

「北から南から、全国の競馬ファンの皆様、こんにちは。花曇りで迎えました大阪市郊外の阪神競馬場でございます。今日からこの日本短波放送の第2プロ(放送)を通じて、土曜、日曜、祝日の競馬開催日は、日本中央競馬会の提供により、熱戦の模様をお伝えしていくことになりました。よろしくご声援下さいますようお願いいたします。今年は全国的に花便りが遅れておりますが、ここ阪神競馬場名物の桜もまだつぼみが堅いようでございます。今日も風が冷たいスタンドでございます……」

この後、これまでに終わったレースの結果、第5レースの実況と解説、放送開始を記念しての日本中央競馬会常務理事のご挨拶と続き、音源は終わっています。今では第1レース前の朝から中継がスタートするのが当たり前になっていますが、当時は昼からの放送スタートでした。

テープの残量目算、途中で録音切れも

そして、レース結果の中身を聴くと当時の第1レースが「けいが速歩競走」だったことが分かります。けいが速歩とは騎手が馬に乗らずけいが車(車輪のついたカゴ)に乗って競うもので、中央競馬では68年に廃止されました。これだけでも時代を感じさせます。けいが速歩の実況も残っていたら、もっと貴重だったのですが、残念ながらそれは一つも残っていませんでした。

古い音源が眠るロッカーを眺めていると、半世紀を超える数々のレース実況を様々なメディアで記録していることが分かります。今では小さなメディアに大容量のデータを記録できる時代ですが、逆に昭和の頃はまだ技術が進歩しておらず、大きなメディアに少しのデータしか記録できません。録音し保存する側の苦労も垣間見えます。まず目に留まるのがオープンリール式テープ。60年代から90年代辺りまでは、このテープに記録するのが主流でした。

第2放送開始当時のオープンリール式テープに記録された音源

第2放送開始当時のオープンリール式テープに記録された音源

60年代後半から70年代前半にかけては、重賞だけでなくオープン競走を記録したテープのほぼ毎週分が見つかり、丁寧な録音・記録作業がされていたことが分かります。直径約18センチサイズのオープンリール式テープを主に使っていましたが、かさばる上に1つに30分しか記録できないため、全レースを録音しようとすると膨大な量になります。そこで主要なレースだけを保存用に録音することになったと思われます。

一方、テープの残量を目算で測ったためか、録音が途中で切れてしまうケースもありました。73(昭和48)年、当時は年の最後の重賞だった阪神大賞典の実況が残り600メートルぐらいで途切れてしまっているのは何とも残念な一方、テープならではのアクシデントの痕跡ともいえます。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
馬主の最大の夢とロマンは愛馬がG1競走に勝つことか(6月の宝塚記念)=共同共同

 競馬実況で馬を見分ける主な手掛かりは、騎手が着用している帽子と勝負服のデザインです。
 先日、筆者が実況を担当していた競馬場に、競馬未経験者を含む友人数名が来てくれました。彼らにとって、競馬場で聴く友 …続き (7/20)

5月18日に通算100勝を達成した難波剛健騎手

 現在、障害戦を中心に活躍中の難波剛健騎手(36)が5月18日、新潟1レースのオールマンリバーで中央競馬通算100勝を達成しました。2001年デビューの難波騎手にとっては19年目での達成です。決して早 …続き (7/6)

半世紀を超える数々のレース実況を記録した様々なメディアが収められているロッカー

 私たち日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)は、日本短波放送(後にラジオたんぱ)時代の1956(昭和31)年10月以来、60年以上にわたって競馬中継をお届けしてきました。放送を続ける中で、ここまで残して …続き (6/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。