差別禁止条例に罰則規定 川崎市長、実効性確保

2019/6/19 12:34
保存
共有
印刷
その他

川崎市の福田紀彦市長は19日の市議会で、制定を検討しているヘイトスピーチ対策を含む差別禁止条例に罰則規定を盛り込む考えを示した。条例の実効性を確保するため、「表現の自由に留意しつつ、罰則規定である行政刑罰に関する規定を設ける」と述べた。

3月に公表した条例の骨子案では、人種や国籍、性的指向などを理由にした差別とヘイトスピーチの禁止を明記したが、罰則規定は盛り込んでいなかった。市は近く条例素案を策定し、8月からパブリックコメント(意見公募)を受け付け、条例案を12月の市議会に提出する方針。

市は昨年3月、公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するためのガイドラインを作成。差別的言動の恐れが具体的に認められ、他の利用者に迷惑を及ぼす危険がある場合にのみ利用制限できるとしており、要件が厳しいとの指摘があった。

条例を巡っては、市民団体が、在日コリアンらへのヘイトスピーチ対策を強化するため、罰則規定を盛り込むことなどを求める意見書を市長らに提出していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]