/

新幹線、1万人に影響 19日は朝から平常運行

JR東日本は19日、新潟県で18日夜に震度6強を観測した地震の影響で東北、上越、北陸の各新幹線で上下計38本が遅れ、計約1万500人に影響したと発表した。山形、秋田新幹線は計14本に運休や遅れが出て計約1650人に影響した。

JR東によると、北海道・東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線は19日始発から平常通り運行。在来線は羽越線の村上(新潟県)―酒田(山形県)間で運転を見合わせ、新潟と秋田を結ぶ特急も運休した。このほか山形県内を走る陸羽西線の余目―古口間も運転を見合わせた。

羽越線では、いずれも山形県内の小岩川、三瀬、東酒田の計3駅でホームが損傷。小岩川駅では電柱が傾く被害も出た。

東北、上越、北陸の各新幹線は、地震のあった18日午後10時22分ごろから東京―八戸、東京―高崎間が停電し、約30分間運転を見合わせた。揺れの大きかった燕三条―新潟間は設備点検のため、見合わせが長引いた。

新潟発越後湯沢行きの上越新幹線とき480号は新潟―燕三条間で止まり、18日午後11時すぎに速度を落として運転を再開。約1時間半遅れの19日午前0時40分ごろ、終点に到着した。

航空各社によると、山形県の庄内空港などは、19日朝から通常通りの運用を予定し、欠航や遅れは生じないという。国土交通省によると、山形県内の高速道路が一部の区間で一時通行止めとなったが、19日朝までに解除された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン