/

「むかわ竜」新種の可能性 北海道初か、学会発表へ

北海道大総合博物館の小林快次教授らの研究グループは18日、北海道むかわ町で発見されたハドロサウルス科恐竜の化石(通称むかわ竜)について、骨の特徴から新種の可能性が極めて高いと発表した。化石を収蔵する同町の穂別博物館によると、新種の恐竜化石と正式に認められれば、道内初という。

化石は2003年、同町穂別の約7200万年前(白亜紀後期)の地層で見つかった。全身骨格では国内最大とされ、頭部から尾部までの全長約8メートル、体高約4メートルと推定されている。

小林教授や穂別博物館、岡山理科大などの共同研究チームが国外の恐竜化石との比較研究を進めた結果、背骨の上に伸びる突起が大きく前に傾くなど、新種の根拠となる特徴が多数見つかった。

また、むかわ竜はハドロサウルス亜科のエドモントサウルス類に属し、中国やロシアで見つかった化石に近いことが分かった。脚の骨の断面から、9歳以上の成体で、12歳以降に死んだと考えられる。

穂別博物館の桜井和彦館長は「7200万年前の生き物の細かい種類が分かってきたのはうれしい。新種と認められれば、より多くの人に知ってもらうチャンスになる」と声を弾ませた。研究グループは21~23日に静岡市で開かれる日本古生物学会で研究成果を発表する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン