/

新潟で震度6強 26人負傷、土砂災害に警戒

(更新)

18日午後10時22分ごろ、新潟県村上市で震度6強を観測する地震があった。気象庁によると、震源は山形県沖で震源の深さは14キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.7と推定される。総務省消防庁によると、新潟、山形など4県で計26人が負傷した。揺れの大きかった新潟県下越地方などでは19日朝から雨が続き、村上市では大雨警報が出された。気象庁は余震とともに土砂災害への警戒を呼びかける。

揺れの大きかった新潟、山形県などでは斜面崩落や屋根瓦の落下、ブロック塀の倒壊などの被害が出ている。村上市では斜面が崩れ、山肌がむき出しになっているのが確認された。

総務省消防庁などによると、19日午後2時時点で、新潟県村上市の住居46棟で屋根の瓦が落ちるなどの被害が確認された。小学校3棟、保育所1棟でも一部破損の被害に遭った。同庁は山形県の被害については確認中としている。

山形県や新潟県は19日、気圧の谷や湿った空気の影響で雨や雷雨になる地域があるとみられ、地震による地盤の緩みから土砂災害の恐れがある。

気象庁は警戒を強め、村上市や震度6弱を観測した山形県鶴岡市で当面の間、大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報の発表基準を暫定的に引き下げて運用する。19日午前には村上市に大雨警報を出した。警報を受け、同市は同日午後3時までに、計441世帯1078人に対し避難準備情報を発令した。

気象庁は震源付近の沿岸に津波注意報を発令した。19日午前1時2分、すべて解除した。新潟市で10センチの津波を観測するなどしたが、津波による目立った被害は確認されていない。同庁は同日未明に記者会見し、今後1週間は最大震度6強の地震に注意するよう求めた。

総務省消防庁によると、地震発生後に新潟、山形の両県などで最大約1500人が避難所などに一時的に身を寄せた。山形県内では17人、新潟・宮城県でそれぞれ4人が負傷した。他に石川県でも1人がけがを負った。

JR東日本によると、東北、上越、北陸の各新幹線は19日始発から通常通り運行している。在来線は羽越線の村上―酒田間、陸羽西線の古口―余目間で運転を見合わせており、19日正午時点で運行再開の見通しは立っていない。

東北電力によると、新潟県と山形県で延べ約9200戸が停電したが、19日午前7時までに全てが復旧した。各地の原子力発電所に影響はなかった。

各地の主な震度は次の通り。震度6強=新潟県村上市▽震度6弱=山形県鶴岡市▽震度5弱=新潟県長岡市、柏崎市、山形県酒田市、秋田県由利本荘市など

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン