2019年8月26日(月)

山形沖の地震、地震頻発のプレート「衝突帯」で発生か

2019/6/19 1:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

気象庁は19日未明の記者会見で、18日に山形県沖で起きたマグニチュード(M)6.7の地震について、深さ14キロメートルにある断層に西北西と東南東の方向から押す力が働き、上下にずれる「逆断層型」が発生したとの見解を示した。

こうした地震は内陸部で発生すれば直下型地震となり、震源近くで大きな被害をもたらす。直下型地震が起きる原因は、地球の表面を覆う硬い岩板(プレート)の動きにある。プレートはいくつか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。