/

この記事は会員限定です

五輪で都内混雑、企業が予行演習 在宅勤務や本社閉鎖

[有料会員限定]

2020年の東京五輪・パラリンピックを約1年後に控え、企業が道路の渋滞や鉄道の混雑などを見越した対策を検討し始めた。リコーは都内の本社を一時閉鎖し、社員約2000人を対象に自宅などでのリモートワークを実施する。NECなどは7月下旬からの官民のテレワーク推進イベントを活用。本番前のリハーサルに取り組む企業も出てきた。

東京五輪は7月24日~8月9日、パラリンピックは8月25日~9月6日に開催される。会場となる首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン