2019年7月18日(木)

プロ野球

陽岱鋼、勝負師の一振り 初球を逃さず決勝二塁打

2019/6/19 0:25
保存
共有
印刷
その他

八回1死二塁。代打に送り出された巨人・陽岱鋼に迷いはなかった。「初球から打ちに行こう。振らないと受け身になってしまう」。決意はしていても、実際にバットを振れる打者は決して多くないが、そこは勝負師。

18日のプロ野球 結果と戦評

八回、代打・陽岱鋼が右越えに勝ち越し二塁打を放つ=共同

八回、代打・陽岱鋼が右越えに勝ち越し二塁打を放つ=共同

ためらいなく振り出したバットが、オリックス海田の初球を捉えた。これが右越えの決勝二塁打に。

近ごろはベンチスタートが多いが、集中力は切らしていなかった。「(試合前から)自分のなかで納得できるように準備している」と話し、代打の心得について、阿部にいろいろ尋ねてはヒントをもらっている。

「右方向への強い打球という、彼のいいところがひと振りで出た」と原監督も絶賛だった。

チームとしては完全に受け身に回りかけていた。六回、好投の今村に代打を送ったものの不発で、追加点を奪えず。継投に入ると、八回に投入したマシソンが体の異常を訴えて、4球で降板。ドタバタのなか、同点を許した。

勝ってなお「今村に勝ちをつけたかった」と、原監督が渋面を作ったほどで、もし落としたら様々な悔恨が残ったはず。そうした憂いの全てを、決して受け身に回るまい、という意思の力のひと振りが吹き払った。(篠山正幸)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

 リスク覚悟の積極采配で前日までの2試合を制した日本ハムの栗山監督が試合前に言い切った。「きょうは有原に任せる。あいつを信じていくしかない」。厚い信頼に26歳は「いつも以上に絶対負けない気持ちでいった …続き (17日 23:31)

史上最年少での通算150セーブを達成し、記念のボードを手にするDeNA・山崎(17日、横浜)=共同

 DeNAの山崎康晃投手が17日、横浜スタジアムで行われた広島15回戦で今季17セーブ目を挙げ、プロ野球史上15人目の通算150セーブを達成した。

 26歳9カ月での到達は永川勝浩(広島)の28歳7カ月 …続き (17日 22:41)

5回ヤクルト無死一、二塁、青木が右越えに勝ち越し3ランを放つ。捕手大城(17日、神宮)=共同

 【ヤクルト5―4巨人】ヤクルトが後半戦初勝利を挙げた。1―1の五回に青木の3ランとバレンティンのソロで4点を勝ち越して逃げ切った。山田大が六回途中まで3失点で2勝目。巨人は坂本勇が2本塁打で追い上げ …続き (17日 21:56更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。