プロ野球

陽岱鋼、勝負師の一振り 初球を逃さず決勝二塁打

2019/6/19 0:25
保存
共有
印刷
その他

八回1死二塁。代打に送り出された巨人・陽岱鋼に迷いはなかった。「初球から打ちに行こう。振らないと受け身になってしまう」。決意はしていても、実際にバットを振れる打者は決して多くないが、そこは勝負師。

【18日のプロ野球 結果と戦評】

ためらいなく振り出したバットが、オリックス海田の初球を捉えた。これが右越えの決勝二塁打に。

近ごろはベンチスタートが多いが、集中力は切らしていなかった。「(試合前から)…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

一軍定着を目指し、模索が続く山口

 1軍のやりがいと怖さを知ったホープたちの奮闘、苦闘が続く。
 兵庫・報徳学園を出たばかりの昨季、58試合に出場した小園海斗(19)。自分でも「思っていなかった」という1年目での出世だったが、残ったのは …続き (20:00)

ランニングなど別メニューで調整した中日・石川昂(17日、読谷)=共同

 中日は17日、ドラフト1位新人の石川昂弥内野手(愛知・東邦高)が沖縄県沖縄市内の病院で左肩腱板炎と診断されたと発表した。石川昂は練習後、同県読谷村の2軍キャンプ地で取材に応じ「打撃練習の時、左肩に変 …続き (18:34)

3月1日の東京マラソンは一般ランナーなしで開催することになった=共同

 新型コロナウイルスによる肺炎の影響が、スポーツ界でも広がり始めている。
 3月1日に開催される東京マラソンは、 …続き (17:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]