2019年7月24日(水)

サッカー

なでしこ、W杯イングランド戦へ 攻守の切り替え鍵

2019/6/19 6:30
保存
共有
印刷
その他

【ニース(フランス)=本池英人】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場している日本代表「なでしこジャパン」は、19日午後9時(日本時間20日午前4時)から1次リーグD組最終戦のイングランド戦に挑む。すでに双方が決勝トーナメント進出を決めているが、消化試合の気配はない。今後の勝ち上がりのため、自分たちの成長度合いを計る上でも重要な一戦だ。

イングランド戦に向け調整する、なでしこジャパンのメンバー=共同

イングランド戦に向け調整する、なでしこジャパンのメンバー=共同

結果次第でこの先の展望は大きく変わる。勝った方が1位通過となり、決勝トーナメント1回戦は他の組の3位との対戦となる。ただ、日本は敗れれば3位通過の可能性があり、その場合はいきなり優勝候補のドイツとぶつかる。決勝まで駒を進めるには、ここで勝った方が楽なのは言うまでもない。

W杯でイングランドと相まみえるのは4大会連続だ。1次リーグで対戦した2007年は引き分け、11年は負けたが、準決勝で対戦した前回は相手のオウンゴールで際どく競り勝った。そこからイングランドは飛躍を遂げ、今や国際サッカー連盟(FIFA)ランクで、7位の日本を上回る3位。かつてマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したフィル・ネビル監督の下でパスサッカーを磨いてきた。

 イングランド戦を前に記者会見した中島(左)と高倉監督=共同

イングランド戦を前に記者会見した中島(左)と高倉監督=共同

3月の強化試合で0-3と完敗した日本にとっては明らかに格上だ。「前回は相手のボランチに自由にボールを持たれて押し込まれた。そこを変えなければ」とSB清水(日テレ)。素早い攻守の切り替えで相手に自由を与えないこと。ほぼ完璧だったスコットランド戦の後半途中までの試合運びを再現できるかが鍵になる。

主将のCB熊谷(リヨン)も「あの時間をどれだけ増やせるかで自分たちが戦いやすくなるかが変わる。前からプレスをかけてボールを奪えるようトライしたい」と意気込む。後ろに引いて構えても、両サイドの快速MFと頑強なFWに切り崩されるだけ。3カ月前とは違った姿を見せたい。

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

アーセナルとの強化試合でベンチスタートとなったレアル・マドリードの久保建=中央(23日、ランドーバー)=共同

 【ランドーバー(米メリーランド州)=共同】サッカーのスペイン1部リーグで久保建英の所属するレアル・マドリードは23日、米メリーランド州ランドーバーでアーセナル(イングランド)と強化試合を行い、久保建 …続き (10:48)

イタリア1部リーグのボローニャに加入し、記者会見するサッカー日本代表の冨安健洋(23日、ボローニャ)=共同

 【ボローニャ(イタリア)=共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋が23日、イタリア北部のボローニャで記者会見に臨み「守備の戦術が整っている。それに応 …続き (23日 23:31)

前半、先制のゴールを決めるチェルシーのエーブラハム

 南米選手権(6~7月・ブラジル)に出場したメッシ、スアレスの二枚看板が来日しなかったバルセロナ。これがプレシーズンの初戦とあって、頭と足がうまく働かず、パスの方向やタイミングにズレが生じていた。
【チ …続き (23日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。