/

この記事は会員限定です

携帯料金ルール変更、ドコモなど値下げ検討

[有料会員限定]

総務省が18日、今秋から導入予定の携帯電話料金の新ルールをまとめた。2年契約の途中解約の違約金を1000円までに抑えるなど、消費者に通信会社の乗り換えを促す狙いだ。現状では契約先を乗り換える人は全体の1%未満にとどまっている。NTTドコモなど通信大手各社は新規参入で競争相手となる楽天の料金をにらみ、新たな値下げの検討を進める。

「通信料金と端末料金の完全分離が徹底され、競争の進展を通じて、通信と端末の両方の料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン