2019年7月18日(木)

サッカー

22年W杯招致疑惑でプラティニ氏拘束 仏当局

ヨーロッパ
社会
2019/6/18 20:18 (2019/6/18 23:13更新)
保存
共有
印刷
その他

欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏=ロイター

欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏=ロイター

【ベルリン、バルセロナ=共同】フランスの捜査当局は18日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の招致疑惑を巡り、欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏を拘束し、事情聴取した。地元メディアが伝えた。当局は、容疑者として正式捜査を開始するかどうか今後判断するとみられる。

日本や米国なども立候補した22年大会は、10年12月の国際サッカー連盟(FIFA)理事会での投票によって開催地がカタールに決まった。当局は決定過程で受託収賄などの疑いがあるとみて16年に捜査を開始した。

プラティニ氏の弁護士は18日、「(プラティニ氏に)やましいことは何もなく(疑惑の)事実とは全く無関係だ」とのコメントを発表した。

当局は10年11月にフランスのエリゼ宮(大統領府)で当時のサルコジ大統領と当時皇太子だったカタールのタミム現首長、プラティニ氏が参加した会合に関心を持っているとされる。W杯開催地決定の投票権を持っていたプラティニ氏のカタール支援を固める目的だったとも指摘されるが、プラティニ氏は強く否定している。

当局は18日、当時大統領府事務局長だったゲアン元内相も参考人として事情聴取した。

FIFA副会長でもあったプラティニ氏は、15年に法的根拠のない金銭授受を理由にブラッター前FIFA会長とともに活動停止処分を受けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

スペイン1部リーグのバルセロナに移籍し、記者会見でポーズを取る安部裕葵(17日、バルセロナ)=共同

 【バルセロナ=共同】サッカーの日本代表FWでJ1鹿島からスペイン1部リーグの強豪バルセロナに移籍加入した安部裕葵(20)は17日、バルセロナ郊外のクラブハウスで記者会見し、2部B(3部相当)のチーム …続き (8:59)

サッカーW杯カタール大会アジア2次予選の組み合せが決まり、取材に応じる日本代表の森保監督(17日、東京都文京区)=共同

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選の組み合わせ抽選が17日、クアラルンプールで行われ、7大会連続の本大会出場を目指す日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴ …続き (17日 21:00)

今野泰幸=共同

 J1磐田は17日、J1のG大阪から元日本代表MF今野泰幸(36)を獲得したと発表した。大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で取材に応じた今野は「プロ生活を最低45歳まで続けたいという思いがある。 …続き (17日 18:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。