2019年9月17日(火)

サッカー

22年W杯招致疑惑でプラティニ氏拘束 仏当局

2019/6/18 20:18 (2019/6/18 23:13更新)
保存
共有
印刷
その他

欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏=ロイター

欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏=ロイター

【ベルリン、バルセロナ=共同】フランスの捜査当局は18日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の招致疑惑を巡り、欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏を拘束し、事情聴取した。地元メディアが伝えた。当局は、容疑者として正式捜査を開始するかどうか今後判断するとみられる。

日本や米国なども立候補した22年大会は、10年12月の国際サッカー連盟(FIFA)理事会での投票によって開催地がカタールに決まった。当局は決定過程で受託収賄などの疑いがあるとみて16年に捜査を開始した。

プラティニ氏の弁護士は18日、「(プラティニ氏に)やましいことは何もなく(疑惑の)事実とは全く無関係だ」とのコメントを発表した。

当局は10年11月にフランスのエリゼ宮(大統領府)で当時のサルコジ大統領と当時皇太子だったカタールのタミム現首長、プラティニ氏が参加した会合に関心を持っているとされる。W杯開催地決定の投票権を持っていたプラティニ氏のカタール支援を固める目的だったとも指摘されるが、プラティニ氏は強く否定している。

当局は18日、当時大統領府事務局長だったゲアン元内相も参考人として事情聴取した。

FIFA副会長でもあったプラティニ氏は、15年に法的根拠のない金銭授受を理由にブラッター前FIFA会長とともに活動停止処分を受けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

ブレシャ戦の前半、競り合うボローニャの冨安=手前(15日、ブレシャ)=共同

 【ブリュッセル=共同】サッカーの海外各リーグは15日、各地で行われ、ベルギー1部でアントワープに加入した三好康児がアンデルレヒト戦でデビューを果たし、初ゴールを決めた。1―1の後半37分に投入され、 …続き (16日 17:29)

 【ロンドン=共同】サッカーの欧州各リーグ(9~15日)で、イングランドは首位のリバプールがニューカッスルを下し、開幕5連勝で勝ち点を15に伸ばした。3連覇を目指す2位のマンチェスター・シティーはノリ …続き (16日 16:46)

シッタート戦の前半、先制ゴールを決め喜ぶトウェンテの中村(15日、シッタート)=共同

 【シッタート(オランダ)=共同】サッカーのオランダ1部リーグで15日、トウェンテの中村敬斗はアウェーのシッタート戦で前半16分に先制点を決めた。今季3ゴール目。同24分に追加点もアシストしたが、前半 …続き (16日 9:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。