2019年9月16日(月)

長野県内ひきこもり2290人 40代以上が6割

2019/6/18 19:55
保存
共有
印刷
その他

長野県が18日発表した県内のひきこもりに関する初の調査結果によると、15~64歳のひきこもり人口は2290人だった。同年代の人口に占める割合は0.2%。40~60代の中高年が63.1%と大部分を占めた。

県と県内市町村が連携し、民生委員・児童委員5040人を対象にアンケートを実施。回答率は89.4%だった。

年代別では40代が28.5%と最も多く、次いで50代(22.9%)、30代(21.1%)の順だった。

ひきこもり期間は「10年以上」が40.1%で最多。「5年~10年未満」(23.1%)、「3年~5年未満」(15.2%)が続いた。若年層ほど期間が短く、30代以上の各年代では10年以上が最も多かった。40代と50代は半数を占めた。

生活困窮の可能性については「困窮する可能性は低い」が50.7%と最も多かった。一方、「迅速な支援が必要と推測」とされた人も147人に上り、県と市町村は民生委員と情報を共有した上で生活困窮者支援などを進める。

県は調査結果について「調査対象から漏れた人がいる可能性もあり、(ひきこもりの人数を)全て把握できたとは考えていない」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。