/

この記事は会員限定です

千葉県内自治体、外国人生徒の日本語の学び支援加速

[有料会員限定]

千葉県内の自治体が、日本語で授業を受けるのが難しい児童や生徒の語学支援に力を入れている。外国人の児童・生徒数は県内でも増加傾向だが、日本語での授業についていけずに孤立したり進学に影響が出たりする場合がある。出入国管理法の改正に伴い外国人の子どもは今後も増加する見通し。教育現場でのサポート体制づくりは喫緊の課題だ。

千葉市は12日、市立千城台東小学校で日本語を特別に指導する教室の開所式を開いた。中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン