四国を「住みやすく」が収益源 若い世代に魅力伝える
四国電力 背水の変身(中)

2019/6/19 7:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国電力が電気以外の事業育成を進めている。生活支援サービスや、マンガによるコンテンツビジネスなどを異業種と組んで収益源に育てようとしている。それぞれの事業で共通するのが人口減や少子高齢化に悩む四国の課題解決だ。四国の活力を高めることが結果として、電力需要にもつながるとみている。

「引っ越しをお願いします」「洗濯機が壊れたのですが」――。高松市内にある「ベンリーよんでん栗林店」の電話が鳴り響く。生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]