サクランボ農地集積で効率化を やまがたさくらんぼファーム社長
キーパーソン

2019/6/18 19:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形県で収穫が始まったサクランボ農家にとって大きな課題が人手不足だ。フルーツカフェが人気の王将果樹園を運営するやまがたさくらんぼファーム(天童市)は、2018年から阪急交通社と組んだ農業体験ツアーで働き手を集めている。矢萩美智社長(43)に課題や解決策を聞いた。

――6日間のツアーでは農作業が4日もあります。17日から始まった第1弾で、作業に飽きてしまう人はいませんか。

「昨年、生産者の協議会で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]