2019年7月22日(月)

東京港にヒアリ20~30匹 今季初確認、健康被害なし

2019/6/18 19:20
保存
共有
印刷
その他

環境省は18日、東京都江東区の東京港・青海ふ頭に落ちていたわらの束から、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」20~30匹が見つかったと発表した。ヒアリは春ごろから活動が活発になるとされ、国内での確認は今シーズン初めて。男性作業員1人が刺されたが、健康被害はないという。

環境省によると、男性作業員は14日、青海ふ頭のコンテナヤード入り口付近にわらの束が落ちているのを発見。片付ける際にアリに手を刺され、わらの束に20匹以上いるのを確認したため、アリを殺虫処分し、東京都港湾局に連絡した。都は周辺に殺虫餌を置いた。18日になって、いずれもヒアリの働きアリと判明したという。

わらが落ちていた経緯は不明だが、荷物にまぎれて海外から持ち込まれた可能性がある。

ヒアリは中国からの輸入コンテナに紛れているケースが多いといい、環境省によると、2017年の国内初確認以降、今回を含めて14都道府県で計39件確認されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。