/

この記事は会員限定です

リクルートの危機感 迫る「老い」と闘う

リクルート 遺伝子への挑戦者(1)

(更新) [有料会員限定]

リクルートが2020年の創業60年を前に「老い」との戦いに直面している。時価総額が6兆円に迫る大企業となった今、時代を先取りするサービスを生み出すアンテナとなってきた起業家精神をどう受け継ごうとしているのか。

応募件数 過去最高に

結婚情報誌「ゼクシィ」、大学受験生を中心に60万人が利用するネット授業の「スタディサプリ」……。今のリクルートホールディングスの屋台骨を支える事業を生み出してきたのが、30年以上続く新規事業提案制度「Ring」だ。「リクルート・イノベーション・グループ」の略で、創業者の江副浩正肝煎りで始まった。このリクルートの起業家精神の象徴ともいわれる年1回のイベントが、かつてない盛り上がりを見せている。

6月10日。4月から募集を受け付けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

リクルート 遺伝子への挑戦者

リクルートが2020年の創業60年を前に「老い」との戦いに直面している。時価総額が6兆円に迫る大企業となった今、時代を先取りするサービスを生み出すアンテナとなってきた起業家精神をどう受け継ぐのか。モーレツ営業の伝統を働き方改革にどうマッチングさせるのか。創業の遺伝子に向き合う挑戦者を追う。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン