2019年8月19日(月)

東海カーボンが備える、黒鉛電極「バブル」の先

2019/6/19 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今夏のボーナス支給額は46%増の181万8000円。日本経済新聞社がまとめた賃金動向調査でソニーなどを押さえて首位に立ったのが、東海カーボンだ。主力製品の価格が高騰し業績が急拡大した。だが風向きが一変。「バブル」の行方に神経をとがらせる。

バブルの様相をみせるのは、電気炉で鉄スクラップを溶かすのに使う黒鉛電極だ。同社の国内シェアは、昭和電工に次いで2位。輸出価格は過去2年で5倍に高騰した。

背景…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。