帰宅困難者減らせ 災害時出退勤、企業がルール作り
大阪北部地震から1年

大阪で震度6弱
2019/6/18 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年6月に大阪府北部で震度6弱を観測した地震は18日で発生から1年。JR大阪駅などで通勤・通学の「帰宅困難者」という都市型地震のもろさが浮かび上がった。当時を教訓に、企業や行政は「出勤しない」ルールなどを新たに盛り込んだマニュアルに改訂。無理な出勤を控え、帰宅困難者の抑制を促す狙いがある。南海トラフ地震などが想定される中、帰宅困難者受け入れの一時滞在スペースの不足など、解消されない課題もあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]