2019年8月22日(木)

ヤフー社長、ソフトバンク連携で「海外勢に対抗」

2019/6/18 17:01
保存
共有
印刷
その他

ヤフーは18日、定時株主総会を開いた。27日付で親会社がソフトバンクグループ(SBG)から携帯事業会社のソフトバンクに移る。川辺健太郎社長は「通信とネットのサービスを一体的に提供し、海外のプラットフォーマー勢に競り勝っていく」と説明。「令和の時代にますます大きな情報革命を起こす」と強調した。

ヤフーの川辺社長は18年6月の株主総会で社長に就任した。スマートフォン決済「ペイペイ」にソフトバンクと共同で取り組むなど、ソフトバンクとの連携を強化してきた。グループ再編で兄弟関係から親子関係になることで「2社の利害関係を減らし、シナジーを極大化できる」(川辺社長)という。

株主による質問では「ソフトバンクとヤフーのみで利用者を囲い込む戦略では利用者数が増えないのでは」との指摘もあった。川辺社長は「ヤフーは(キャリアに限定されない)ユニバーサルサービスで、ソフトバンク以外にも利用者を拡大できる」と強調した。

ヤフーの取締役として総会に出席したSBGの孫正義会長兼社長は、投資ファンド『ビジョン・ファンド』の出資先とヤフーの連携を強化することで「新たな息吹が成長に刺激を与えてくれる。直接・間接を含めて成長路線に戻せる」と述べた。

(広井洋一郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。