2019年7月19日(金)

女児わいせつで懲役7年 福岡高裁、92年中学生2人殺害

九州・沖縄
社会
2019/6/18 17:00
保存
共有
印刷
その他

7歳女児への強制わいせつ致傷罪などに問われた無職、寺本隆志被告(66)の控訴審判決で、福岡高裁(野島秀夫裁判長)は18日、裁判員裁判で審理し懲役7年とした一審・長崎地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。被告は1992年に女子中学生2人を殺害した罪などで服役していた。

高裁は「被害者は年少で精神的な影響は大きく、責任は重い」と指摘。「刑が重すぎる」とした弁護側主張を退けた。

判決によると、昨年6月、長崎市で下校中の女児を襲い、腰や尻に軽傷を負わせた。昨年5、6月には別の女児2人の運動靴や下着などを盗んだ。

被告は92年、東京都と長崎市で女子中学生2人を殺害。起訴されて公判中にもう一つの事件を告白したため別々に審理され、東京の事件で懲役17年、長崎の事件で同15年の判決を受けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。