/

この記事は会員限定です

最低賃金1000円へ中小支援 骨太方針に「実情に配慮」

[有料会員限定]

政府・与党が最低賃金1000円に向けた対策を急いでいる。政府は経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で早期実現を目指すと明記し、自民、公明両党は7月の参院選で公約に掲げる。賃上げは中小企業にとって経営負担になるが、中小企業が賃上げしやすい環境を整備すれば不安を払拭できるとみる。

賃上げはデフレ脱却に向け、菅義偉官房長官が主導した。政府が21日に閣議決定する骨太方針で最低賃金を「より早期に全国加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン