2019年9月18日(水)

就活生の6割、先輩訪問でやりたい仕事鮮明に

就活
2019/6/18 16:42
保存
共有
印刷
その他

OB・OG訪問でやりたい仕事のイメージがはっきりした――。就職情報大手のマイナビ(東京・千代田)が18日発表した調査で、来春卒業の学生の6割強にこんな意識があることがわかった。学生はインターネットを通じて様々な就活情報を得るが、実際に働く先輩から具体的な話を聞くことも有効な手段になっている。

20年春卒業予定の大学生・大学院生を対象に5月にネットで調査。2257人から有効回答を得た。

OB・OG訪問をした経験がある学生は25.7%で昨年とほぼ横ばい。訪問で得られたことを複数回答で聞いたところ、「やりたいと思っていた仕事のイメージがはっきりした」が62.2%で最も多かった。「自分がどんな仕事に興味があるのか理解できた」(41.1%)、「希望するキャリア実現のために努力しようと思った」(30.0%)が続いた。

OB・OGと話すメリットを聞くと「人事担当者には聞けない情報(本音)が聞ける」が52%で最多だった。「具体的な仕事内容が聞ける」「気軽に話が聞ける」「働く雰囲気がつかめる」という答えも多かった。

会いたい社員の勤続年数としては「入社2~3年目」が39.9%、「入社4、5年目」が30.5%と若手社員を希望する学生が多い。マイナビは「入社6年目以降の社員の方が仕事を詳しく理解しているが、若手の方が働く姿をイメージしやすく、ざっくばらんに話が聞けると考えているようだ」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。