2019年8月18日(日)

「令和」効果で梅振興(写真でみる永田町)

写真でみる永田町
2019/6/19 6:30
保存
共有
印刷
その他

梅振興議連の会長は大島衆院議長。議長が議連の会長に就くのは珍しい

梅振興議連の会長は大島衆院議長。議長が議連の会長に就くのは珍しい

12日、国会内の一室がほのかな梅の香りに包まれました。自民党の梅振興議員連盟の会合です。梅干しや梅酒など梅の産品が机の上に隙間なく置かれ、「南高梅」のブランドで有名な和歌山県などの自治体や農協の代表者がご当地の梅の特徴を説明しました。

和歌山、埼玉、群馬の自治体や農協が各地の梅の特徴や振興の取り組みをアピールした

和歌山、埼玉、群馬の自治体や農協が各地の梅の特徴や振興の取り組みをアピールした

議連会長の大島理森衆院議長は「和歌山県出身で初当選同期の二階俊博幹事長から頼まれて会長を引き受けた」とあいさつし、吉川貴盛農相も「二階氏から『絶対に行くように』と言われ、用事があったが駆けつけた」と笑いを誘いました。司会をした和歌山選挙区の鶴保庸介参院議員は「議長が議連会長を務めるのはまれだ。梅議連は政治家として出世の登竜門ではないか」と紹介しました。

9種類の梅酒を試飲する東京、福井、埼玉、神奈川の選挙区選出の各衆院議員

9種類の梅酒を試飲する東京、福井、埼玉、神奈川の選挙区選出の各衆院議員

これを意識したわけではないでしょうが、ほかにも東京都青梅市や埼玉県越生町、福井県若狭町など選挙区に梅の産地や名所がある国会議員が計10人ほど集まりました。会合では9種類の梅酒を試飲し、梅の振興に向けて産地が連携するなどの決議も採択しました。

会場には梅を使った飲みものや調味料など多くの商品が並べられた

会場には梅を使った飲みものや調味料など多くの商品が並べられた

新元号の「令和」は万葉集にある梅花の歌32首の序文に由来します。出席した議員からは「改元をきっかけに日本中が梅をめでる文化に目覚めている。梅の魅力を訴える絶好のチャンスだ」との声が出ました。(竹内悠介)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。