東海カ 一時6%安 独社買収で財務悪化懸念

2019/6/18 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

18日の東京株式市場で東海カーボン株が一時前日比67円(6%)安の1051円まで下げた。前日に独炭素品メーカーを純有利子負債を含めて約1千億円で買収すると発表。社債発行や金融機関からの借り入れで財務体質が悪化することを懸念する機関投資家らの売りがかさんだ。

終値は52円(5%)安の1066円。売買代金は前日と比べて2倍強にまで膨らんだ。

買収するのはアルミ精錬に用いられる電極で世界首位の独コベッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]