東南ア動画配信、米中大手が争奪戦 1兆円市場に参入続々

2019/6/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=岸本まりみ、ジャカルタ=鈴木淳】米中のネット大手が東南アジアの動画配信市場で攻勢を強めている。中国の騰訊控股(テンセント)が海外初となる動画配信をタイで始め、迎え撃つ米ネットフリックスは独自製作の映画やドラマで対抗する。東南アジアはネット利用時間が長く、動画を含むコンテンツの市場規模は1兆円を超えて急成長中。地元勢を含めて「娯楽の王様」の座を巡る争いが激しくなっている。

「中国国外で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]