縄文時代の終盤に人口急減 寒冷化か、DNA解析

2019/6/18 11:40
保存
共有
印刷
その他

縄文時代の終わりに人口が急激に減少していたことが現代の日本人男性のDNA解析で分かったと、東京大の大橋順准教授(集団ゲノム学)らのチームが18日までに、英科学誌に発表した。狩猟採集生活の中、寒冷化し食べ物が減ったことが原因で、弥生時代になって稲作が朝鮮半島を経由して伝わり、食料供給が安定すると、人口は急回復したとみている。

チームは、男性だけが持つY染色体を解析。弥生人の母体となった集団の子孫に当たる現代の韓国人や中国人にない、縄文人特有と思われる型を持った122人について、変異が起きる速度を基に、過去にさかのぼって人口の推移を推定した。

その結果、彼らの祖先は縄文時代の終盤、急激に数が減少したことが判明した。時代が移り変わっていく3200~2千年前の間に、一時は26万人に達したとされる人口が3分の1にまで減った計算になったという。

縄文時代は1万5千年ほど前に始まったが、途中で遺跡の数や規模の縮小が起きており、人口が減ったのではないかとする仮説があった。今回はDNA解析から、その説を補強した形だ。

大橋准教授は「この手法は、縄文人と弥生人が混血した日本人同様、混血によって誕生した他の集団の人口変化の類推にも使える」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]