/

中国の米国債保有、2年ぶり低水準 2カ月連続減

米財務省は17日、4月の国際資本収支統計を発表した=ロイター

【ワシントン=河浪武史】米財務省が17日発表した4月の国際資本収支統計(季節調整前)によると、中国の米国債保有残高は1兆1130億ドル(約120兆円)となり、前月から75億ドル減った。中国は海外勢で米国債の最大の保有国だが、残高は2カ月連続で減って約2年ぶりの低い水準となった。市場では同国が米国への報復措置として米国債を放出するとの観測があり、神経質な展開が続いている。

4月は米中が閣僚レベルで貿易交渉を続けている最中で、合意文書の取りまとめ作業が続いていた。両国の協議は5月に入って決裂し、その後は閣僚級協議を開いていない。米国は5月に2000億ドル分の中国製品の関税率を引き上げるなど制裁措置を強めており、市場では中国が米長期金利に影響する米国債市場で報復措置に出るとの観測が浮かんでいる。

中国の米国債の保有残高は3月の1兆1205億ドルから75億ドル減った。保有残高は17年5月(1兆1000億ドル)以来、約2年ぶりの低い水準となった。ただ、中国は人民元相場の大幅な下落を回避するため、人民元買い・ドル売り介入を続けているとされ、同国の米国債の残高縮小につながったとの見方もある。

米国債の保有量で中国に次ぐ2位の日本も、残高は141億ドル減って1兆640億ドルにとどまった。海外勢全体の米長期証券投資は364億ドルの買い越しだった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン