/

この記事は会員限定です

香港デモ拡大、習政権に誤算 強権支配に反発強く

[有料会員限定]

香港の混乱に収まる兆しが見えない。16日に主催者発表で200万人が参加したデモの根っこには、香港を強圧的に統治しようとする中国の習近平(シー・ジンピン)指導部に向けられた市民の積年の不信がある。刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」の改正問題は、香港市民が決起したきっかけにすぎない。

香港の中心部を埋め尽くした16日のデモでは、「条例撤回」に交じって「香港は中国でない」「私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン