2019年7月20日(土)

ゆうちょ銀、海外送金500万円に制限 資金洗浄で対策

経済
金融機関
2019/6/18 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

窓口での海外送金を1回500万円までに制限する

窓口での海外送金を1回500万円までに制限する

ゆうちょ銀行は犯罪組織などに資金がまわるマネーロンダリング(資金洗浄)対策で、10月から窓口での海外送金を1回500万円までに制限する。ゆうちょ銀は口座数が約1億2000万と国内でもっとも多いほか、外国人が口座を開設しやすい面もある。日本の資金洗浄対策は欧米に比べ遅れが指摘されている。今秋には国際組織による審査を控えており、対策の強化で備える。

【関連記事】メガバンク、既存口座も本人確認 不審取引の監視強化

薬物売買による収益や犯罪行為の報酬などが反社会的な勢力に渡る際、海外送金は資金の出元を見えなくする手段として悪用される恐れがある。金融機関は疑わしい取引があれば金融庁などに届け出る必要がある。

届け出が検挙につながった例は2018年度に約500件あり、2割強でゆうちょ銀が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。