都知事、2050年にCO2排出実質ゼロ宣言 実現なるか
News 潜望展望

2019/6/17 19:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の小池百合子知事は都内の二酸化炭素(CO2)の排出量を2050年に「実質ゼロ」とする長期目標を定めた。実質ゼロの達成時期を「今世紀後半のできるだけ早期」とする政府方針よりも先行する形だ。目標達成には政策や制度とともに、個人や産業界の意識改革が欠かせない。

「ゼロエミッション東京の実現を宣言します」。5月21日、東京・新宿での国際会議「U20」で、小池氏は各国の自治体首長を前にこうスピーチし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]