ユニー解体、優しさのツケ 名門スーパーが残した教訓
編集委員 中村直文

2019/6/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の小説家、レイモンド・チャンドラーの「プレイバック」の名セリフといえば「強くなければ生きていられない。優しくなかったら、生きている資格がない」。企業経営にも当てはまる名言だ。1月に解体の憂き目に遭ったスーパーの名門、ユニーグループ・ホールディングス(HD)は優しかったが、強くなかった。

【関連記事】消える「ユニー」社名も 小売りの荒波に飲まれる

それにしても過去に例のないスピード解体劇だった。2016年9月にユニーGHDは伊藤忠商事系のファミリーマート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]