/

この記事は会員限定です

道外マネー、道内優良企業に熱視線 M&A相次ぐ

[有料会員限定]

北海道外のファンドや企業が道内企業をM&A(合併・買収)する事例が相次いでいる。かつては事業再生を図る投資が多かったが、近年は地域分散や事業拡大を狙い、今後の成長が見込める企業に投資する動きが目立つ。売り手も、道内より大きな資金力と広いネットワークをもつ道外の買い手のもとで雇用の維持や企業価値の向上を求める傾向が強まっている。

道内で活発になっているのがバイアウト(投資・買収)を目指すファンドだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン