道外マネー、道内優良企業に熱視線 M&A相次ぐ

2019/6/18 11:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道外のファンドや企業が道内企業をM&A(合併・買収)する事例が相次いでいる。かつては事業再生を図る投資が多かったが、近年は地域分散や事業拡大を狙い、今後の成長が見込める企業に投資する動きが目立つ。売り手も、道内より大きな資金力と広いネットワークをもつ道外の買い手のもとで雇用の維持や企業価値の向上を求める傾向が強まっている。

道内で活発になっているのがバイアウト(投資・買収)を目指すファンドだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]