2019年7月20日(土)

愛知県の国際展示場、日本初の空港隣接型で8月始動

中部
2019/6/17 18:13
保存
共有
印刷
その他

愛知県常滑市の中部空港島に8月、愛知県国際展示場「アイチ・スカイ・エキスポ」が開業する。開業を記念し、格闘ゲームなどの「eスポーツ」や韓国のアイドルグループを招いたイベントを開く。広い敷地や国内初の国際空港直結というアクセスの良さをアピールし、国際会議やライブなどの利用を広く呼びかける方針だ。

運営会社のモルガン・ショドゥレール社長が大村秀章知事から鍵を模したオブジェを受け取った(名古屋市)

「世界一を目指す」。17日、大村秀章知事から鍵を模したオブジェを受け取った運営会社「愛知国際会議展示場株式会社」のモルガン・ショドゥレール社長は抱負を述べた。大村知事は「初めての展示場ビジネスに期待したい」と述べた。

開業を記念し、8月30日から9月1日にeスポーツ大会と韓国のアイドルグループらを招いた音楽ライブ「AICHI IMPACT!2019」を開く。eスポーツは国産の格闘ゲームなどで国内外のトッププレーヤーが腕を競う。欧米で人気のオンラインのシューティングゲーム「フォートナイト」で、人気投票で選んだ有名プレーヤーが出場し、オンライン参加者とチームを組んで競う企画も予定している。

ライブは、韓国のオーディション番組で視聴者が選んだ韓国人9人、日本人3人の女性アイドルグループや、韓国人男性12人のボーカルダンスグループなどが登場する。

展示場は日本初の国際空港直結型の国際会議・展示場で、野外ライブなどのイベントに使える多目的利用地(約4万平方メートル)を備える。展示面積は6万平方メートル、駐車場などを含めた敷地面積は28.7万平方メートルに及び、東京ビッグサイト(敷地面積26.6万平方メートル)、幕張メッセ(同21.7万平方メートル)、インテックス大阪(同12.9万平方メートル)など他の大型展示場と肩を並べる。

運営会社は施設運営を手掛けるGLイベンツ社や前田建設工業が設立した特別目的会社(SPC)だ。県によると、GL社は世界24カ国で展示場や多目的施設を運営し、16年度の展示関連の売り上げは650億円と世界4位という。

県は国際展示場を19、20年の技能五輪全国大会・全国アビリンピック、20年のワールドロボットサミットの会場にすることを決めている。GLイベンツ社のノウハウやネットワークを活用するほか、国際空港と直結する他の展示場にない優位性を訴え、国内外からイベントを呼び込む考えだ。(小野沢健一)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。