2019年7月18日(木)

航空機市場に影 ボーイング新型機に遅れも

自動車・機械
ヨーロッパ
北米
2019/6/17 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2度の墜落事故を起こしたボーイングの主力機「737MAX」問題が長期化し、航空産業に影を落としかねない状況になっている。17日に開幕したパリ国際航空ショーまでに同機の運航再開は間に合わず、次世代の中型機の開発状況でも進展がなかった。ライバルの欧州エアバスの供給余力も限られており、ボーイングの開発が遅れて供給が滞れば、格安航空会社(LCC)などで伸びる需要に対応できない懸念がある。

「『NMA』の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。