2019年7月21日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,466.99 +420.75
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月19日(金)14:20

大日本住友が豪iPS企業に買収提案 約200億円[映像あり]

メルカリ 業績観測報道「戦略的事業へ投資で費用増」

7月19日(金)13:00

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

ドイツ銀、米国事業を大幅縮小 リスクを圧縮

金融機関
ヨーロッパ
2019/6/17 20:00
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=石川潤】ドイツ銀行が米国の投資銀部門を大幅に縮小する検討に入った。過去に投資したリスクが高く十分な収益を得られない資産を切り離し、経営再建に道筋を付ける。対象となる資産は、デリバティブ(金融派生商品)関連の資産を中心に最大500億ユーロ(約6兆円)に達する可能性がある。受け皿となる資産管理会社(バッドバンク)の設立や資産売却が選択肢となる。

英フィナンシャル・タイムズなどが報じた。ドイツ銀では収益が不安定な米投資銀行部門が経営再建の重荷だった。同部門は2019年1~3月期まで2四半期連続の税引き前赤字で、株価が過去最安値を更新し続ける原因になってきた。

今回切り離しの対象になるのは、価格変動などのリスクが高すぎる資産だ。回収の見込みが立たない不良債権ではないため、売却損は抑えられるとみているようだ。

投資銀行部門の中でも安定的に収益を上げている債券部門は温存する見通しだ。資産運用部門や欧州の商業銀行部門などを中核にし、リスクを抑えながら安定的に収益を上げられる銀行に生まれ変わる狙いがある。

ドイツ銀は独大手のコメルツ銀行との統合交渉が失敗に終わり、単独での再建を余儀なくされている。7月にも具体的な再建策を公表する。ドイツ銀のゼービング最高経営責任者(CEO)は5月の株主総会で「(投資銀行部門の)大胆な縮小の準備はできている」と語り、大規模なリストラへの意欲をみせていた。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。