/

この記事は会員限定です

内閣不信任か首相問責か 国会最終盤へ惑う野党

自民幹部「どちらもあまり変わらぬ」

[有料会員限定]

26日の今国会会期末に向けた野党の戦術が揺れている。立憲民主党の枝野幸男代表が突如、内閣不信任決議案の提出を見送り、安倍晋三首相の問責決議案を出す考えを示したためだ。国民民主党からは「弱気すぎる」と批判が上がるなど、足並みがそろわない。

枝野氏は16日、京都市内で記者団に「参院選に挑むので、首相の問責決議案を参院に出すのが筋ではないか」と述べた。衆院での内閣不信任案には慎重姿勢を示し、その理由を「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン