針刺さずに血糖値測定 糖尿病予防に期待
名古屋大学など センサー開発

日経産業新聞
2019/6/18 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

指などに針を刺して採血する必要がない非侵襲型の血糖値センサーの開発が進む。赤外線を利用したり、コンタクトレンズに一体化したりしたセンサーで、一部は数年後にも実用化される見通しだ。1000万人にのぼると推計される糖尿病患者のほか、同数いるという血糖値が高い糖尿病予備軍の人にとって朗報となりそうだ。

「この丸い透明のセンサー部分に指を5秒間、触れるだけで、血糖値を測ることができます」――。量子科学技…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]