パンク寸前の東京港 インフラ整備、道路と大違い

2019/7/6 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京港の混雑が深刻さを増し、港湾物流がパンク寸前に陥っている。さらに2020年東京五輪・パラリンピックも迫り、東京港を管理する東京都が混雑対策を進めている。東京港の混雑はなぜこれほど深刻化したのか。背景を探ると、首都圏の主要道路と比べて整備が進まなかった状況が浮かび上がる。東京港の混雑対策は、東京のインフラ整備のひずみを映し出している。

「例年のような大混雑がなくなった」

東京港の関係者は5月の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]